PAGE TOP

出張法律問題業務内容費用弁護士紹介アクセス方法

費用戻る


 
ローンやカード会社からの借金がかさみ、借金返済に行き詰まったとしても、それから法的に抜け出す方法があります。

その方法のひとつ任意整理は、弁護士が債権者と交渉して、債務や利息を減らしたり、支払条件や回数を緩和したりして、借金返済の負担を軽減させることです。

 督促や取立がストップ

ローンやカード会社に対し、弁護士が窓口になって対応することを通知します。これにより、督促や取り立てが直接お客様にされることはなくなります。また、 交渉がまとまるまで支払いを一旦ストップしていただきますが、債権者からの連絡はお客様ではなく弁護士に来るようになります。

 債務額の再計算

債権者との約定金利が利息制限法を越えた場合には現債務額を利息制限法上適法な範囲になるよう計算し直し、その上で減額や支払条件等の変更交渉を行います。

また、再計算の結果、債務はすでに完済されていて過払い金が発生していることが判明することもあります。その場合には過払い金の回収を行います。

 債務整理のデメリット(ブラックリスト掲載リスク)

銀行や信販会社、貸金業者等はそれぞれ信用情報機関を設け、融資先の情報を共有し合っています。もし支払いの遅延を繰り返すと、これらの信用機関に事故情報として記録が残ります。結果として新規融資等を受けることが難しくなります。

債務整理も同様で、債務整理を行った場合にはその記録が残ってしまいます。そのため、約5年から10年程度の間は、新規融資を受けることが難しくなります。

上のような事情から、数年内に自動車ローンや住宅ローン等を利用する予定がある場合は、債務整理を行ったことで事実上融資を受けられなくなるリスクを十分考慮する必要があります。また、新規にクレジットカードを作ることも困難になります。
 

※なお既に完済された方が過払金返還請求を行っても、信用情報機関に記録が残ることはありません。




>>債務整理の費用