PAGE TOP

出張法律問題業務内容費用弁護士紹介アクセス方法

費用戻る


 
消費者金融やクレジットカードのキャッシング、カードローン等からの借金を長期にわたり返済している場合、過払い金が発生している可能性があります。その場合は「払い過ぎ」た分を返還してもらうことができます。

 利息制限法

このようなことが可能となるのは、利息制限法という法律が年間の利率の上限(15%~20%)を定めているからです。この利率を超えて払い続けた場合、法律上支払うべき上限を超えて支払っていたことになります。

計算の結果、完済になっていた場合には「払い過ぎ」となり、また、完済に至っていなくても、法律上支払うべき債務の残額は減少することになるのです。


 過払い金返還請求の現状

現在、多くの貸金業者の経営状態は非常に悪化しています。そのため、裁判で過払い金返還の判決が出たとしても、支払いに応じられない業者もあります。


そのような場合は、強制執行と言って、各業者の財産を差し押さえたりし、過払い金を回収することになります。もっとも、中には財産を隠匿する業者もあり、強制執行によっても過払い金を回収できない場合も多々あります。

 

また、過払金は最後に弁済した時から10年で消滅時効にかかりますので、過払金返還請求権が時効消滅しているケースも散見されます。


このような事情から、もし債務整理を検討されいるのであらば、できるだけ早く過払い金請求をされるようお勧めいたします。




>>過払い金請求の費用