PAGE TOP

出張法律問題業務内容費用弁護士紹介アクセス方法

費用労働審判手続戻る


 
労働関係に伴う法律問題には、給料や残業代、退職金の不払い、不当な解雇や転籍、職場内でのセクハラやパワハラ等があります。

労働債権は、時効期間が短いものが多いため迅速な対処が必要です。

 時効

一般的に、不払いの給料、残業代、有給等の時効期間はわずか2年です。退職金や、セクハラ・パワハラによる慰謝料の時効期間はこれとは異なります。また、債権の種類によっても異なります。詳しくはご相談ください。

 倒産時の不払い賃金

1年以上事業活動を行っていた会社が倒産した場合、未払い賃金の8割(年齢に応じて88万円から296万円の範囲で)を、国が「立替え払い」する制度があります。

 地位確認等請求

不当な理由に基づく解雇は無効です。復職できるだけでなく、解雇期間中の賃金を請求することもできます。



>>労働問題の費用